親子

妊娠時には葉酸を摂ろう|母子に良い栄養成分

胎児と妊婦に必要な栄養素

男女

妊婦に必要とされる理由

葉酸はビタミンB群に属する栄養素です。造血作用やたんぱく質の代謝、神経の働きや脳の発育を助ける働きがあります。葉酸が不足すると、神経系の障害や胎児の成長不良のリスクが高まることがわかっています。このような理由から特に妊娠中の女性に必要な栄養素です。妊娠初期に葉酸を摂取することで、胎児の先天性異常のリスクを低減させることが明らかになっています。先天性異常とは、二分脊椎症などの神経管閉鎖症や無脳症などの脳の障害です。また、妊娠中に造血作用のある葉酸を摂取することで妊婦の貧血や流産を予防します。葉酸は妊娠初期から摂取したい重要な栄養素ですが、妊娠を希望する女性は妊娠前から摂取することが推奨されています。

サプリメントを上手に摂取

葉酸は、ビタミンB群に属する水溶性のビタミンです。食品では、緑黄色野菜や鶏レバー、枝豆などの豆類に多く含まれています。毎日の食事から必要量の葉酸を摂取することが理想ですが、加熱に弱くおよそ半分の栄養素が壊れてしまいます。また、水溶性のため体内に蓄積することができません。尿や汗で失われてしまうため、毎日摂取する必要があります。しかし、毎日の食事から必要量を摂取することは大変です。厚生労働省は、食事から葉酸を摂取することを前提に葉酸サプリメントの摂取を推奨しています。サプリメントは毎日手軽に摂取できます。体内への吸収率が食品よりも高く、効率良く摂取できることも推奨されている理由です。サプリメントを摂取する場合は、決められた用量を守り過剰摂取に気を付けることが大切です。